【値下げ】 A&D 音叉型振動式粘度計 SV-100-その他

【抽選20名様】海外旅行に関するアンケートに答えてハワイ お土産マカデミアナッツポップコーンを当てよう!

20




● 新開発SV型(音叉振動式)によるフルレンジ1%(※)の高精度再現性を達成。
  また、粘度の標準液を利用し粘度校正が可能。
  (※校正用標準液にて、同一の液体に振動子を入れたままで繰り返し測定した時の繰り返し性<標準偏差>)
● 振動子の交換なしで低粘度から高粘度まで広範囲の連続測定が可能
● WinCT-Viscosity標準添付
● 粘度標準液を利用し、ユーザーでの粘度校正可能


● JCSS校正対象機器 音叉型振動式粘度計

粘度計SVシリーズは、JCSS(登録に係る区分:粘度計)において、校正対象機器の振動粘度計に相当し、細管粘度計、回転粘度計と共に、特定標準器へのトレーサビリティ確保が可能な計量器として認められています。
エー・アンド・デイの高度な技術レベルと高い信頼性が裏づけた、粘度測定の標準機器です。

● 特長

◆ リアルタイムに粘度測定
  振動子の表面積・質量が小さいので、試料の粘度変化や温度変化にすばやく応答。リアルタイムの測定が可能。

◆ 物性変化測定可能
  共振振動により高度な分解能を有しており、界面活性剤などの曇点測定および濡れ性などの表面・界面変化などの測定が可能

◆ 非ニュートン流体の測定
  肉薄プレートタイプの振動子により試料組織の破壊が少なく、安定した粘度値と粘度変化に追従した測定が可能。

◆ 気泡入り試料の測定
  振動周波数が30Hzと低く、微小な気泡を壊さず、分散した大きな気泡には影響されず測定が可能。
  振動子に気泡が付着した場合は、測定精度に影響しますので、ご注意ください。

◆ 流動状試料の測定
  振動子の相互作用により、攪拌中の試料も測定が可能。
  また、流動状態となるラインなどでの利用ができ、ラボと同一データでの 現場管理が可能。

◆ 正確な温度検出
  粘度検出部(振動子)の熱容量が小さいため、温度平衡までの時間が短く試料の正確な温度測定が可能

◆ 長時間の連続測定
  振動駆動部に回転部がなく、メンテナンス性に優れ、粘度の連続測定が可能

◆ RS-232C(D-Sub25Pメス) 標準装備、大型蛍光表示、校正用標準液(別売品)


● SV型(音叉型振動式)粘度計の測定理論・機構





● 粘度計用データ通信ソフトウェア WinCT-Viscosity

測定データをパソコンへ取り込み、リアルタイムにグラフ化する専用ソフトWinCT-Viscosityを標準付属。


潤滑油の温度・粘度


卵白の温度変化測定


界面活性剤曇点測定


SVシリーズ仕様

型名SV-10SV-100
測定方式SV型(音叉振動式)/ 固有振動数 30Hz
測定粘度範囲0.3mPa・s~10,000mPa・s1Pa・s~100Pa・s
(1,000mPa・s~100,000mPa・s)
測定精度 ※11%(フルレンジ) 設置環境:20~30℃、結露しないこと(AX-SV-51スタンドセット使用時)
サンプル量35~45ml(標準サンプル容器使用時)※2
試料温度測定部0~160℃/0.1℃表示
電源ACアダプタ付属(100V 50Hz/60Hz、約14VA)
外形寸法 / 質量計測部:332(W)×314(D)×536(H)mm / 約5.0kg
表示部:238(W)×132(D)×170(H)mm / 約1.3kg

※1 校正用標準液にて、同一の液体に振動子を入れたままで繰り返し測定した時の繰り返し性(標準偏差)
※2 別売品少量サンプル容器AX-SV-34の使用により、10mlでの測定も可能

別売品


株式会社エイチ・アイ・エス

facebo Twitter

キャンペーンを見る

【値下げ】 A&D 音叉型振動式粘度計 SV-100-その他

【値下げ】 A&D 音叉型振動式粘度計 SV-100-その他

もっと見る

人気のキャンペーン

もっと見る

すべてのキャンペーンを見る